野際陽子の代表的な出演作とは?死因と旦那と子供は?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

2017年6月13日に、野際陽子さんが81歳でお亡くなりになられました。大変残念なニュースでした。

そこで、今回は女優野際陽子さんの出演作についてや、死因や旦那(夫)と子供に経歴についても調査してみました!

野際陽子さんの経歴は?


野際陽子さんの生年月日は1936年1月24日生まれです。

そして、野際陽子さんは石川県河北郡津幡町のご出身で3歳の時から東京都杉並区天沼で育ちました。

学歴は以下の通りです。

卒業小学校は、東京都杉並区天沼。

卒業中学校は、立教女学院中学校。

卒業高校は、立教女学院高等学校。

卒業大学は、立教大学文学部英米文学科。

立教大学時代に、野際陽子さんはESSの英語劇セクションおよび劇団テアトルジュンヌに所属されていたそうです。
そこで、四大学英語劇大会など数々の作品に出演されます。

立教大学卒業後には、なんとNHKにアナウンサーとしてご活躍されました。

3か月の研修後に名古屋放送局に赴任され、1960年にNHK東京放送局(現在のNHK放送センター)に赴任され、テレビ「おはようみなさん」の司会を週1回担当されることに。その後の2年間は週3本のレギュラー番組を担当。

そして、1962年3月にNHKを退職されます。
退職後は広告代理店へ転職されますが、その3ヵ月後にはTBSの「女性専科」という番組の司会者を担当され、その後は女優としての活動がメインとなっていきます。

野際陽子さんは女優のイメージが強かったので、最初アナウンサーされていただなんて、驚きました。
この経歴を拝見するまでは、アナウンサーされていることを知りませんでしたので。

野際陽子さんの出演作は?


野際陽子さんの出演作はTBS「キイハンター」の津川啓子役、TBS「フジ三太郎」の高根秘書役、NTV「子連れ狼」のお甲役、NET「鬼平犯科帳」のおまさ役、ANB「特捜最前線」の水島亜紀役、TBS「Gメン’75」の室井医師役、「大奥」の音羽役、ABC「必殺仕事人2007」の渡辺こう役、NHK大河ドラマ「新選組!」の近藤ふで役、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の飯田登志役およびナレーション、TBS「ずっとあなたが好きだった」の桂田悦子役、CX「ショムニ」の早坂サユリ役、TBS「金曜日の恋人たちへ」の村上玲子役などなど、数多くのテレビドラマにご出演されていらっしゃます。

とても数多くのテレビドラマに出演されていてますよね。
どれも有名な作品ですし、すごいですね。

もちろんテレビドラマ以外に映画にも数多くご出演された経歴も豊富です。

野際陽子さんの旦那(夫)は?


野際陽子さんの旦那(夫)ですが、「キイハンター」で共演された俳優の千葉真一さんです。

1973年に、ご結婚されています。

ですが、1994年に旦那(夫)であった千葉真一さんとは離婚されています。

旦那(夫)であった千葉真一さんがアメリカを拠点として活動しようと提案したのですが、妻であった野際陽子さんはアメリカ行きを断ってしまったそうです。

野際陽子さんの子供は?


野際陽子さんは、1975年に長女をご出産されていらっしゃいます。

その子供さんですが、なんとこちらも女優さんでいらっしゃいます。
お名前は真瀬樹里さんと言います。

有名俳優と有名女優の子供さんということですから、真瀬樹里さんにとって女優になると言う道はある意味自然なものっだったのかもしれませんね。

野際陽子さんの死因は?


野際陽子さんの死因は、肺腺がんになります。

野際陽子さんは「花嫁のれん」というドラマにご出演中の2014年に早期の肺がんを患われます。

再発もするのですが、それを乗り越えて仕事に復帰されていましたが、2017年5月末に体調を崩し、入院されていらっしゃいました。

野際陽子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です