過去に開催されたピカチュウ大量発生チュウ!のテーマは何?2018年の開催は?時期は?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ピカチュウ大量発生チュウ2017は、今年で4回目となるそうでなんとピカチュウが1500匹登場と過去最大になったそうです。

そして、今年2017年のテーマは、「ピカチュウだけじゃない」らしいですので、ピカチュウ以外のキャラクターも登場するのでしょう。
それプラス、海や空にもピカチュウが登場するのが今年のテーマだと思われます。

過去のピカチュウ大量発生チュウ!はどんなテーマだったのか?

そんな、横浜市で開催されているイベントですが、過去にどんなテーマのイベントだったのか気になり調査してみました。

では、まず第1回目から。

1回目のテーマ:大量発生中

開催年:2014年

全てがここから始まった記念すべき1回目は、大量発生というのがテーマそのものでしたね。

主な見どころ
・ピカチュウまつりだ!せいや!せいや! in パシフィコ横浜(開催日:8月16日・17日)
パシフィコ横浜を2日間も貸し切って、中で縁日ストリート、みんなで踊ろう!ピカチュウ音頭などスケールは大きかったです。
しかし、こちら翌年より残念ながら無くなってしまいました。もしかすると、最初だったのでちょっとお金をかけ過ぎてしまったのかもしれませんね(笑)

・ドックヤードガーデン・参加型映像ショー
ランドマークのドックヤードガーデンで開催されているプロジェクションマッピングに、期間限定でピカチュウバージョンになってました。朝早くに整理券を配布する方式だったのですが、すぐに配布終了になっていました。

・ピカチュウ バカンスチュウ! in 横浜赤レンガ倉庫
赤レンガ倉庫に登場したピカチュウの海の家では、オリジナルフードなど提供していましたね。

こちらのサイトより抜粋

2回目のテーマ:大量発生中とダンス

開催年:2015年

待望の2回目では、ダンスがテーマになってました。
ピカチュウたちがダンスを踊るというショーが、みなとみらいの商業施設内のステージで開催されるようになりました。

主な見どころ
・大行進
沢山のピカチュウたちが、クイーンズスクエア内を大行進するゲリラ的なイベントも大人気でした。いつ大行進するのかわからないイベントなので、あちこちで出待ちしている人たちが多くいました。

・ダンス
ダンスがテーマなので、色々なダンスにピカチュウが挑戦しているショーが一番の見どころです。
ヒップホップ、社交ダンス、バレエ、フラダンスなど様々なダンスショーを見せてくれました。また、それに合わせて用意された様々な衣装姿のピカチュウもとても可愛いかったです。

・レアピカチュウの登場
ピカチュウグッズに身を包んだピカチュウマニアという設定のピカチュウや、ピカチュウに変身したメタモンなど変わり種のピカチュウも登場したことで、レアピカチュウを探して写真を撮る楽しみが増えました。

3回目のテーマ:大量発生中と水遊び(スプラッシュ)

開催年:2016年

2016年よりピカチュウたちが、のべ1,000匹以上になりました。

主な見どころ
・1日限定のピカチュウの大行進
これまでのゲリラ的に行っていた大行進とは違い、1日限定でランドマーク横のさくら通りを使用して大規模なパレードを行いました。
パレードに参加したピカチュウたちは、50匹以上で踊ている姿がとても可愛いです。

・ずぶぬれスプラッシュショー
ずぶぬれスプラッシュショーが、横浜赤レンガ倉庫で行われるようになりました。
たくさんの水を使用したショーで、暑い夏を吹き飛ばしてくれるかなり楽しいイベントでした。

4回目のテーマ:大量発生中と海から空から

開催年:2017年

主な見どころ
・1000匹以上ピカチュウが登場する大パレード
日本大通りを貸し切って行われるピカチュウ大パレードです。

・海から空からピカチュウがグリーディング
ピカチュウデザインの飛行船が空を飛んだり、船に乗ったピカチュウがクルージングしていたりしてました。

2018年のピカチュウ大量発生チュウの開催は?

2017年夏のピカチュウ大量発生チュウが無事に終わってしまうと、気になるのは来年2018年も開催されるのかどうか?ですよね。
また、開催されたら、今度はどんなテーマになるのか?も大変気になるポイントです。

調べてみたところ、2018年も開催すると思われます。
横浜市と株式会社ポケモンとの連携協定は2020年まで続くそうです。
と、いう事は2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けての国内外からの誘客促進のために、「ピカチュウ大量発生チュウ」シリーズは、継続して開催されるはずです。ピカチュウファンとして、嬉しい話ですよね。
(下記横浜市サイトより)
http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kyoso/case-pokemon.html

2018年のピカチュウ大量発生チュウの開催時期は?

開催時期ですが、恐らく以下日程になるはずです。
実は、1回目の開催から年々と開催期間が減って短くなっている傾向があるのです。なので、来年2018年も今年2017年と同様の7日間開催なのかなと推測されます。

2018年
2018年8月9日(金)~2018年8月15日(水) 7日間開催

2014年
2014年8月9日(土)~2014年8月17日(日) 9日間開催

2015年
2015年8月8日(土)~2015年8月16日(日) 9日間開催

2016年
2016年8月7日(日)~2016年8月14日(日) 8日間開催

2017年
2017年8月9日(水)~2017年8月15日(火) 7日間開催

2018年のピカチュウ大量発生チュウの開催テーマは?

恐らく、来年も赤レンガ倉庫でスプラッシュショーは開催されると思われますので、ずぶぬれ系要素は残しつつになるでしょう。
プラス要素ですが、いくつかあると思い浮かびましたが、この中のどれか当たるといいなと思います。

バブル系(泡)のイベント


シャボン玉とか、バブルをスプラッシュショーに組み込むのもアリかなと思います。

お祭り・縁日系のイベント


太鼓を使った和風ダンスに着物姿のピカチュウ、縁日系のアトラクションなども良いかもしれません。

結構、考えてみるとアイデアが出尽くした感じがありますが、果たして来年2018年のテーマはどう来るでしょうか?(笑)

さて、今から来年のピカチュウ大量発生チュウが楽しみですよね。
待ち遠しいですが、開催中だとはすぐ売り切れになってしまうピカチュウグッズを集めておて過ごすのもオススメですよ。

2018年のピカチュウ大量発生チュウのイベント情報が確定したので、新着記事を書きました。ご覧ください。

ピカチュウ大量発生チュウ2018のテーマと見どころは?2019年開催は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です