自分爆発レディとは?意味や由来に元ネタと使い方は?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

博報堂が命名した「自分爆発レディ」という言葉がネットで話題になっていましたので、自分爆発レディの意味や由来、元ネタ使い方について調査してみました。

自分爆発レディの意味は?

自分爆発レディの意味は、40代~60代の自分の時間を楽しむ女性、のことを指すそうです。

博報堂の分析によりますと、子育てを終え、自分の時間を楽しんでいる40代~60代の女性のことを言います。

自分爆発レディの由来は?

自分爆発レディの由来ですが、博報堂の「博報堂新しい大人文化研究所」が調査したところによると、40代~60代の女性が子育てを終えて思うことのアンケート結果がこちらです。

子育てが終わってホッとしている:41.4%
これからは自分の時間を楽しみたい:40.8%
これからは1人の時間を楽しみたい:29.3%
友人・仲間との時間を楽しみたい:27.8%
夫婦2人の時間を楽しみたい:27.5%

というように、子育てが終わってホッとしているが41.4%とトップになってることを受けて、「自分爆発レディ」と博報堂が名付けたそうです。

男性の場合、1位は女性と同じ。

ですが、2位は夫婦の時間をたのしみたいと答えた人が34.0%で、この点は女性と大きな差がありました。

女性は、自分のことを考え、男性は、奥さんとの時間を大切にしたいんですね。

女性ってなんか冷たいですね。。

自分爆発レディの元ネタは?

自分爆発レディの元ネタですが、こちらは博報堂が命名したので元ネタは無いみたいです。

自分爆発レディという言葉の使い方は?

自分爆発レディという言葉の使い方ですが、たとえば「○○さんの家の奥さんは自分爆発レディだから、今海外に留学しっているらしいわよ!」みたいな感じになるのではないでしょうか。

自分爆発レディというネーミングセンス微妙ですね。

SNS上では、「自分爆発レディってダサい呼び名は勘弁して欲しい!」  「なんか、自爆女みたいで痛い女性っぽいから、そう呼ばれたら嫌だ!」と、いう非難するコメントが目立ってました。

確かに!ダサい!

悪いことしてるわけじゃないのに、悪いイメージを持たれそうですね!

子育てを終えた40代~60代の女性の人たちが言われて受けいられるネーミングを考えてほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です