甘党わんちゃん向けのアイス「ドン・パレット」が大人気?安心素材の成分とは?店の場所はどこ?

犬向けアイスン・パレット

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

甘党わんちゃん向けのアイスを売っている「ドン・パレット」というお店が話題になっているようなので、今回はドン・パレットが気になり、人気商品やお店の場所について調査してみました。

そもそも犬はアイスを食べても大丈夫?

そもそも犬は甘いものが好きなのか、飼い主の自己満足ではないだろうか、とふと疑問を持ち、調べてみたところ犬は甘いものが大好きなようです。

犬の味覚として、酸っぱい、苦い、しょっぱい、に加え「甘い」も感じることができ、その中でも甘味には敏感な犬が多いらしく、甘いサツマイモにカボチャ、リンゴはわんちゃんが大好きらしいです。
ということで、犬は甘党らしいです。ちなみに猫は甘いものは好きでないらしいです。

犬が糖質を摂り過ぎるとどうなるかですが、適切な量ですと糖は血液によって体全体に行き渡り、脳や筋肉のエネルギー源となります。
ちなみに、脳のエネルギー源としては糖質が唯一の栄養素らしいです。

ですが、糖を摂り過ぎてしまい、使い切れなかった糖は、まずは糖が不足したときに使えるように筋肉の中にグリコーゲンとして蓄えられます。
そして、その備蓄分以上の糖を摂取すると、今度は中性脂肪となり肝臓等に脂肪細胞として蓄えられます。これがいわゆる肥満の原因となります。

ドン・パレットの犬向けアイスの成分は?

ドン・パレット(犬向けアイス)のアイスの成分はといいますと、ドン・パレットのお店のオーナーいわく通常の人間向けのアイスを犬が食べてしまうと、腹痛や下痢を起こす場合があるとのこと。

そのため、犬向けアイスの成分は原材料としてナチュラルヨーグルトと乳酸菌であるため、消化を助ける作用があって、犬でも食べて大丈夫らしいです。

ちなみに、犬向けアイスは人間が食べても大丈夫らしいです。

ですので、確かにアイスの食べ過ぎは糖質の摂り過ぎとなり、肥満等に注意する必要があるかと思います。

店のオーナーによると、通常のアイスクリームを食べると犬は腹痛や下痢を起こす場合もあるが、この特製アイスは原材料がナチュラルヨーグルトと乳酸菌のため消化を助ける作用があり、人間が食べても安全だという。

ドン・パレット(犬向けアイス)のお店の場所は?

それを知ると「自分の家のわんちゃんにアイスを食べさせたい!」と思った人もいらっしゃるかもしれませんが、気になるドン・パレット(犬向けアイス)のお店の場所はメキシコ合衆国のメキシコ市にあるそうです。

残念ながら、日本に住む私たちでは簡単にいけるお店の場所ではありませんでした。

ドン・パレット(犬向けアイス)の人気商品は?

ドン・パレット(犬向けアイス)の人気商品ですが、棒やコーン、ボウルで食べられるアイスらしく、「ジェントルマン」や「ラッキー・ラッキー」といった名前のアイスが人気のようです。
店のオーナーによると、通常のアイスクリームを食べると犬は腹痛や下痢を起こす場合もあるが、この特製アイスは原材料がナチュラルヨーグルトと乳酸菌のため消化を助ける作用があり、人間が食べても安全だという。

お誕生日とか特別な日にワンちゃんにアイスをプレゼントにいかが?

このお店の常連客は「毎日同じものを食べるのは、犬にとってずいぶん退屈だと思う。少しだけ甘やかしてあげようとここに来ている」と話した。
確かに、毎日食べさせたらなんだか体に悪そう。。。

でも、ワンちゃんの誕生日とか、クリスマス、病院で頑張ったご褒美とかにアイスを食べさせてあげるのは良いかなと思います。
ただ、特別な本当に犬が食べても問題ないかを検証のうえ、問題ないようであれば、日本でも流行りそうかなと思いますが、皆さんはどう思いますか?

👨🏻🐶🍦 #donpaletto

Fisioterapeuta ⚽️🇲🇽さん(@abel_olmedo)がシェアした投稿 –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です