田中正人(アドベンチャーレース)の年齢は?職業に収入に結婚情報!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

「クレイジージャーニー 超過酷な戦い!アドベンチャーレース完結編!」に登場する田中正人(たなかまさと)さん。

今回はそんな田中正人(アドベンチャーレース)さんのことが気になり、年齢や職業、収入に結婚情報までを調査してみました!

田中正人さんが挑戦し続けるアドベンチャーレースとは?

そもそも田中正人さんが挑戦し続けるアドベンチャーレースというスポーツご存知でしょうか?

アドベンチャーレースとはなんなのか、まずご紹介したいと思います。

ひょっとしたらアドベンチャーレースのことをご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、自分は知らなかったこともあり、調査してみました。

アドベンチャーレースとは、とても過酷で厳しいスポーツでして、アウトドアスポーツの複合競技のことです。

トレッキングやマウンテンバイク、カヌーやロープでの岩登りなどもあったりします。

それを、ずっとチームで行動していくのです。チームメンバーには、女性も参加必須で、チームの誰一人の脱落者もなく、ゴールする必要があります。

さらに、睡眠時間や食事時間もレース時間となっていますので、なるべく睡眠時間や食事時間を削ることも勝つためには重要なポイント、というとても過酷なレースとなっています。

夜も歩け続け、お風呂も入らない、着替えもないというので信じられない過酷さですよね。

田中正人(アドベンチャーレース)の年齢は?

田中正人(アドベンチャーレース)の年齢は、生年月日が1967年12月2日ですので、現在49才です。

なんと、田中正人さんはもうすぐ50才という年齢で、このような過酷なレースにチャレンジされているんですね。

凄すぎて何もいう事がありませんよね。

ですが、このアドベンチャーレースは単純にフィジカルを競うものではなく、総合的な人間力が試される競技な気がします。

チーム戦ですし、過酷な環境で何がおこるかわからない状況で緊急事態に遭遇することもあるだろうと思います。

そういった時にチームをまとめ、判断し、ゴールを目指すことも勝つためには必要と思うからです。

田中正人(アドベンチャーレース)の職業や収入は?

田中正人(アドベンチャーレース)さんの職業や収入ですが、プロアドベンチャーレーサーという肩書があってもそれだけで生活は難しいらしいです。

大きな世界大会である「プライマル・クエスト」であれば賞金が高額で2000万円以上あるらしいのですが、他の大会ですと、賞金はもっと少ないと思いますし、そもそも優勝したりして賞金がもらえるという話ですから、なかなかアドベンチャーレースに出場するだけでは収入は厳しいと思います。

そもそもそれらの海外の大会には遠征費がかかりますし、チーム戦と考えますと賞金もチームのみんなで分ける形になりますもんね。

ですので、田中正人さんは日々のトレーニングもされていますが、それ以外にもいろいろなお仕事もされているようです。

たとえば、ウルトラトレイルレース等を撮影するランニングカメラマンの仕事であったり、ラフティングのガイドであったり、地図読みの講師なんてお仕事もされているようです。

更には、大人と子供で楽しめるアドベンチャーレースができるファミリアドベンチャーというイベントを定期的に開催されたり。あと、講演会であったり、書籍を出版されたりもしています。

そう考えると、プロアドベンチャーレーサーの田中正人さんの収入は安定してはいないと思いますが、そこはお金じゃないのでしょう。

田中正人(アドベンチャーレース)の結婚情報は?

田中正人(アドベンチャーレース)さんの結婚情報ですが、田中正人さんは2001年にご結婚されています。

田中正人さんの妻(奥さん)の名前は竹内靖恵(たけうち やすえ)さんといい、馴れ初めは1997年に海外で開催されたレースに通訳として来られていたことがきっかけみたいです。

竹内靖恵さんはもともと大手上場企業の通訳をされていたらしいですよ。1998ねアラブ首長国連邦のロシア系企業で秘書もされていたそうです。すごい職歴ですね。

ちなみに竹内靖恵さんは今はTeam EAST WIND Productionのチームプロデューサーでもあったりします。ちなみに、奥さん旦那さんと違って走ったり泳いだりしないみたいです。

田中正人(アドベンチャーレース)さんの子供情報は?

田中正人(アドベンチャーレース)さんの子供情報ですが、1人娘さんがいらっしゃいます。

気になるお名前ですが、田中徳(たなか あきら)ちゃんというそうで珍しいお名前ですよね。

「徳」と書いて「あきら」ちゃんって読むんですね。日本語って難しい!

田中正人さんはゆくゆくはアドベンチャーレースの指導者で活躍したいと考えておられるそうです。
そして、まだまだ浸透していないアドベンチャーレースを世の中に広めるべく、今後のご活躍を期待しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です