陳婉ティン(チャン・ユエンティン)香港イースタンSC女性監督の経歴や年齢!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

BBC「今年の女性100人」 に選ばれたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)史上初の女性指揮官のチャン・ユエンティン監督(香港イースタンSC)が気になり、今回はチャン・ユエンティン監督の経歴や年齢を調査してみました!

チャン・ユエンティン(香港イースタンSC女性監督)さんの年齢は?


チャン・ユエンティン(香港イースタンSC女性監督)さんの年齢ですが、生年月日は1988年10月7日で、香港生まれの28歳です。

男性サッカークラブの指揮官として女性である事はもちろん驚きではあるのですが、そもそも指揮官として28歳は非常に若い!

28歳って、サッカー選手として一番ピークの時期といっていいかもしれません。

なのに、なぜ緯でチャン・ユエンティンさんがイースタンSCの監督になったのか非常に気になりますよね。

チャン・ユエンティン(香港イースタンSC女性監督)さんの経歴は?


チャン・ユエンティン(香港イースタンSC女性監督)さんの経歴ですが、まず現役時代のポジションですがDF、FWでした。

ちなみにサッカーを始めたきっかけは幼少時代にデビッド・ベッカムを見て、その格好良さに一目惚れしんだとか。

イングランド代表のスターだったベッカム氏の「イケメン」ぶりに夢中になったというのですから、この辺りは女性らしいですよね。

そして、大学を卒業した後には両親の反対を押し切り、指揮官を目指しキャリアを突き進まれたそうです。

男子香港1部のペガサス、南区で下部組織コーチなどを経験し、2015年の夏にイースタンSCのコーチに就任。

そして、2015年のシーズン途中に中国へと去った監督の後を受け、2015年12月にはなんと監督に昇格し、それだけではなくチームを21季ぶり優勝に導きました。

この優勝を通じて、チャン・ユエンティン監督は女性として初めての男子プロリーグを制覇した監督になりました。その功績は、ギネス世界記録に認定されてます。

加えて、香港リーグの優勝はACLの出場権を得ますので、AFCチャンピオンズリーグ大会の歴史上初めての参加となる女性監督にもなりました。

チャン・ユエンティン監督は2016年12月に開催されたアジア連盟年間表彰式では女子最優秀監督賞を受賞されています。

ちなみにチャン・ユエンティン(香港イースタンSC女性監督)さんは、持ち前の「決してあきらめない」性格で、友人から「牛丸」というニックネームをつけられた。

名前に入っている「ユエン」の音が、広東語の「丸(ユン)」の発音に近いこと、そして「牛」は耐久性を反映するからだという。

香港では仕事に女性差別はありませんので、チャン・ユエンティン監督は話題性ではなく実力を認められての就任でした。

しかし、ご本人は、あと数年はコーチをするものだと思っていたので最初は不安であったとの事。そりゃそうですよね、まさか突然監督に任命されるとは思っていなかったでしょう。

でもご自身の特徴であるコミュニケーション能力を生かし、年上の選手もいましたが、男性選手の信頼を得て、チームもまとめあげました。そして結果も出しました。

アジア最大クラブの広州恒大、ほかに水原、川崎フロンターレがいる組での今回のACLでの戦いももちろん気になりますし、この若き女性指揮官の今後の活躍も期待ですね!

日本のクラブも、指導陣に女性を入れてみてはどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です