両角友佑(カーリングSC軽井沢)の彼女は?仕事に経歴は?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

男子カーリングすごいことをやってくれました。
なんと、男子カーリング日本代表は、1998年に長野大会で開催国として出場以来の5大会20年ぶりの五輪出場権をゲットしたのです。20年ぶりってスゴすぎ。

そんな男子カーリング日本代表のSC軽井沢クラブのキャプテンで司令塔であるスキップの両角友佑(もろずみ ゆうすけ)選手が気になり、両角友佑選手の彼女に兄弟、仕事に経歴を調べてみました!

両角友佑(カーリング)選手の経歴は?


両角友佑(カーリング)選手の経歴ですが、生年月日は1985年1月16日で、現在の年齢は32歳です。アラサー世代なんですね。

ご出身は長野県。出身中学は軽井沢中学校。その後、高校は岩村田高校、そして出身大学は金沢大学に進学されてました。

両角友佑選手は、1998年の長野五輪の時、カーリング競技はなんと軽井沢町で開催されてまして、両角友佑選手は日本対アメリカの試合をスタンド観戦されていたそうです。20年前ですから、両角友佑選手は12歳ごろでしょうから、幼い頃カーリング選手になりたいと思ったのでしょうか。

やはり、その試合に刺激を受け、両角友佑選手は「日本の期待を背負ってプレーする選手になってみたい!」と思ったんだそう。

その翌年、1999年に軽井沢中学のカーリング部に入部され、選手活動をスタートさせます。中学からカーリングできる環境ってすごいですね。

実はこの時のコーチが現在のコーチでもある長岡はと美コーチだったのです。

両角友佑選手と長岡はと美コーチはこの時、SC軽井沢クラブの母体となる「AXE(アックス)」というチームとして、活動開始。

そして、現メンバーが揃った2007年からは、日本選手権3連覇を果たされたり等、国内トップチームとして日本男子カーリングをけん引。

両角友佑(カーリング)選手の兄弟は?

両角友佑(カーリング)選手の兄弟ですが、弟がいて名前は両角公佑(もろずみこうすけ)さんとおっしゃいます。

弟の両角公佑さんも兄の両角友佑選手と同じく、SC軽井沢クラブに所属されていて、カーリング1投目となるリードを担当。兄弟揃ってのプレーは、どういう気持ちなんでしょうか。

弟さんの両角公佑選手は、意外にも中学高校とバレー部。それと、並行してSC軽井沢ジュニアでカーリングをされていたようです。

そして結局、高校1年生の時に最終的にカーリング選手1本に決めたようです。

世界選手権では、最も紳士的なプレイをした人に与えられるCollie Campbell Memorial Awardを2015年、2016年に受賞されています。

それにしても、兄弟で日本代表を背負い、兄弟共にオリンピック選手とかすごすぎます!宇宙兄弟みたいですね!関係ないかな?

両角友佑(カーリング)選手の仕事は?


両角友佑(カーリング)選手の仕事ってどうなんでしょうか。

現在の勤務先は2007年よりSC軽井沢クラブで、具体的には勤務先である「軽井沢アイスパーク」で地元のカーリングのジュニアチームのコーチをやったり、県内外の方々に対してもカーリング体験指導をされているそうです。

日本代表でかつオリンピック選手に教わるとか貴重な体験かと思いますので、大変生徒さんにも人気なんだでしょう。

両角友佑(カーリング)選手に彼女はいる?


両角友佑(カーリング)選手の恋愛事情はというと、実はもうご結婚されてます。さらに、3人の子供さんがいらっしゃるそうです。お子さんもたくさんいて、幸せそうですね。

しかも両角友佑選手は現在32歳ということですので、ご結婚されたのはおそらく20代中ごろぐらいかなと推測されます。

そんなカーリング男子日本代表の両角友佑選手の平昌五輪でのご活躍を期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です